株式会社セオリー

イベント・フェア

【第168回 蔵元を囲む会】方舟初開催蔵元‼︎ 長野「黒松仙醸」を囲む会 

開催期間:【終了】2017年7月15日(土)18:00~21:00

お陰様で盛況のうちに終了いたしました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
次回イベントは方舟銀座インズ店 「新潟・越後鶴亀を囲む会」です。
皆様のご参加をスタッフ一同心よりお待ちしています。

 

長野の夏の味覚が
南信州を代表する本格派地酒「黒松仙醸」をより旨くする。

7月15日はこんな夜に!

今回、ラインナップする「黒松仙醸 こんな夜に」シリーズは
蔵元でも販売していない特約店による限定流通商品です。

「信州の素材を使った信州らしくないスタイルを追求した」という「黒松仙醸 こんな夜に」シリーズ。
杜氏の安藤 宏幸 様をお迎えして酒造りの深いお話を聞きながら堪能するまさに一期一会となる3時間です。



【開催リポート】

今回の蔵元を囲む会は仙醸から杜氏の安藤 宏幸 様をお招きしての会。安藤様には参加の皆様おひとりおひとりと、じっくり会話をしていただき、内容の濃い蔵元を囲む会となりました。

長野県伊那市 株式会社仙醸
杜氏 安藤 宏幸 様

 

20代の方のご参加は方舟にとって大変嬉しいことです。若い世代にも日本酒文化を繋いでゆきたい!ちょっと敷居が高いと感じるかもしれませんが実は日本酒は暮らしの中に取り入れやすいお酒です。だって、どんなお料理にも日本酒やみりんを使いますよね?ブイヨンをとってワインで煮込むお料理を作る方が敷居が高いものです。


こちらのテーブルは三世代でご参加いただきました!ご家族で日本酒を酌み交わすのも素敵ですね☆小さなご子息が20歳になるその日も是非、日本酒でお祝いしていただきたいです。

 

今回は参加者の半数が女性でした。蔵元を囲む会が女性で溢れる日も近い⁉︎

 

信州地鶏「真田丸」の燻製炙り焼き 夏野菜添え

信州味噌を用いた五平餅と長野の伝統野菜、高嶺芋のたまり漬けを添えて長野の郷土を表現した肉料理は「日本酒に合う!」と評判の一皿でした。

 

今回の蔵元の会でも出ました!蔵の隠し酒!

22年間、蔵で低温熟成されてこんな美しい琥珀色に。蔵にも僅かしか残っていない超レアなお酒です。「このお酒を飲みたい!」と思ってもほとんどの人が巡り会うことすらできないでしょう。22年の時を経てリキュールのような味わいに変化した隠し酒は料理長吉岡の手作り白桃ジェラートと合わせていただきます。

見事、利き酒を当て、じゃんけんを勝ち抜き、レアなプレゼントをゲットした皆様。

☆方舟の蔵元を囲む会では毎回、嬉しいプレゼントをご用意しています☆



<イベント詳細>

【日 時】  2017年7月15日(土)18:00~21:00

【開催店舗】 方舟 アトレヴィ五反田店

【ゲスト】  長野県伊那市 株式会社仙醸
杜氏 安藤 宏幸 様

【会 費】  6,000円(お料理・日本酒 税込)

【定 員】  30名

【ご予約・お問い合わせ】方舟 アトレヴィ五反田店 03-6431-9578
※「黒松仙醸を囲む会」とお申し出ください。

 

《献立》
<先付三品>
・野沢菜と高原舞茸の白和え
・信州牛のローストビーフ
 芝漬けソース
・恋トマト胡麻豆富射込み
<御椀>
・焼き岩魚 信州味噌仕立て
 粟富 花麩 三つ葉 山椒
<御造り>

・北陸産 旬鮮魚三種盛り
<焼物>

・信州地鶏真田丸の燻製炙り焼き
 夏野菜添え
 (ズッキーニ・アスパラ・ミニトマト)
・五平餅肉味噌焼き
 高嶺芋たまり漬け
<煮物>

・鮎有馬山椒煮
 冬瓜 里芋 針生姜
<留肴>

・信州サーモンとクリームチーズ
 黄味酢掛け 酢取り茗荷
<食事>

・信州茸の天婦羅蕎麦
 柳松茸 薬味
<甘味>

・白桃ジェラート
 生杏ジャム掛け

▲ PAGE TOP